厳しいビジネスマナー研修が必要な理由とリスクとは?

厳しいビジネスマナー研修が必要な理由とリスクとは?

ビジネスマナー研修は、多くの企業で実施されています。特に、社会人としてのマナーを身につけるために、新人社員に向けて行うケースが多いでしょう。

なぜなら、仕事をスムーズに進める上で、マナーは重要なスキルだからです。さらに社会人は。企業の看板を背負って仕事します。企業の信頼を損ねず商機を逃さないためにも、社員がビジネスの場で困らず活躍するために、マナーを身につけることが求められています。

そのために、厳しくビジネスマナー研修を実施するべきか?と悩む企業の担当者もいるのではないでしょうか?本記事では、厳しい研修を実施するメリットやリスクについて紹介しています。

厳しいだけではなく、効果的なビジネスマナー研修のためにぜひ記事をご一読ください。

ビジネスマナー研修に厳しさが求められる理由とは?

ビジネスマナー研修では、厳しく教える必要があるのか?と疑問を持つ方もいるでしょう。ここでは、指導に厳しさが求められる理由を紹介します。

ビジネス界におけるマナーの役割

まず、ビジネスマナーの重要性が考えられます。マナーが身についていない社会人は、仕事がスムーズに進められなくなる恐れがあるでしょう。

例えば、失礼と感じられる言葉遣いのために、円滑なコミュニケーションが取れなくなることや信頼を損ねる可能性があります。ビジネスマナーは、電話対応・メール・挨拶・名刺の受け取り方など、多岐に渡ります。

社会人としてマナーを身につけ、スムーズに立ち振る舞うためにもマナーは重要なため、厳しい指導が求められるケースもあります。

   ▶ ビジネスマナー研修とは!?プログラム例もご紹介

社会人基礎力の構築

ビジネスマナーは、社会人の基礎といえます。多くの新入社員は、これまでの多くの時間を同年代と過ごしてきました。しかし、これからは幅広い世代と多様な価値観の中で、仕事を進めていかなくてはなりません。その際に、基礎的なマナーが身についていなければ、仕事がスムーズに進まないだけでなく、トラブルの原因にもなるでしょう。

そのため、しっかりと社会人の基礎であるビジネス場で通じるマナーを身につけるために、厳しい指導が必要なケースもあります。

企業の信頼性を保つ

ビジネスマナーが身につかないことで、個人的な損失だけでなく、企業側にとっても損失です。なぜなら、顧客や取引先からの信用を失ってしまうことが考えられるからです。例えば、電話の受け答えでも言葉遣いや対応が非常識であれば、クレームに発展してしまうことがあるでしょう。学生気分が抜けない社員が書いたカジュアルな文章のメールを受け取った取引先は、社員教育がなっていない企業と判断し、取引しないケースもあるかもしれません。このように、企業名を背負って働く上で、マナーが身についていないことの損失は大きく、企業イメージにも関わります。企業の信頼性やイメージを良好に保つためにも、社員がビジネスマナーを身につけることは重要です。

成長促進

厳しい指導は、社員の成長につながります。研修時に厳しく指導することで、社会の厳しさに慣れ、これからの業務でトラブルや厳しい局面でも耐えられる精神力が身につきます。

また、厳しい指導は、研修に対してより集中して取り組む環境を作り出します。最終的に、研修を終えたあとは、自分に対して自信がつき、途中で投げ出すことなく仕事を進められる忍耐力も備わるでしょう。厳しい研修は、社員の成長を促す可能性があります。

研修の厳しさに伴うリスクの管理

厳しいと感じる研修は、社員の成長を促しスムーズに働く上での基礎を築きます。しかし、厳しく研修を実施する際には、気をつけるべきポイントもあります。参加者の離脱やパワハラなど、企業へのマイナスイメージの定着などのリスクを管理することが重要です。

参加者のストレス

厳しい研修といっても、参加者を精神的に追い詰めてはいけません。講師や指導する社員は、感情的に指導しないことが求められます。忍耐力や精神力を鍛えるために、わざと厳しく指導する場合は、「なぜ厳しく指導しているのか?」を参加者に説明し理解を得ることも大切です。

特に、新入社員は生活環境が大きく変わっている中で、研修が始まります。過酷と感じる研修のストレスに耐えられず離脱することも心配されます。厳しさに耐えられないことや、研修についていけないことで自信を失い、仕事へのやる気が低下してしまう心配もあるでしょう。

企業評判への潜在的な影響

厳しすぎる研修は、企業のイメージを低下させるリスクもあります。現代は、転職や就職活動時にWebサイトを活用しています。その中には、社員や学生の口コミや評価があり、研修が厳しいといった理由で、企業評価が下がってしまうことが考えられます。その結果、人材が集まらずに採用が難航するなどの影響が出る可能性もあるでしょう。ブラック企業と呼ばれたり、SNSで炎上したりするリスクもあります。

採用活動だけでなく企業全体の信頼を失うことになるため、厳しく研修を実施する際は、研修内容をよく検討し指導方法に注意しましょう。

効果のある厳しい研修に必要なポイント

厳しくも効果的な研修を実施する際には、これから紹介する4つポイントに注意してください。むやみに厳しいだけの研修は、参加者のストレスや離脱、パワハラと呼ばれるリスクがあります。そのために、これから紹介する4つのポイントを研修時に取り入れてみましょう。

人間性を尊重

指導する際は、参加者を尊重することが重要です。例えば、参加者の特性を著しく否定する言葉を使うことは、参加者の意欲の低下を招きます。さらに、パワハラと訴えられる可能性もあるでしょう。また、不必要に大きな声で怒鳴る行為も問題視されます。

もし問題点を指摘する場合は、失敗や間違いを許容しながらも、具体的に説明や経験を交えて話すなど、相手を伸ばす指導が大切です。

▶ “やばい”新入社員研修のトラップ~問題点を解明し、成功へ導く方策~

参加者とコミュニケーションをとる

参加者とコミュニケーションをとり、信頼関係を構築しましょう。参加者は、厳しいと感じる研修にストレスを感じます。しかし、講師や社員と積極的にコミュニケーションをとり厳しさ以外の一面に触れられれば、研修が厳しいだけではないことを理解できます。

さらに、企業側も信頼関係を構築することで、参加者の考えや悩みに触れ、研修をブラッシュアップできるメリットもあります。

メンタルヘルスへの配慮

厳しく研修を実施する際は、参加者の精神状態に注意しましょう。例えば、新人研修では多くの人が新しい環境にストレスを感じています。その中で、厳しく辛いと感じる研修が連日実施されることで、メンタルに悪影響が出てしまうかもしれません。

参加者同士のコミュニケーションを促し、お互いに励まし合い研修を乗り越える工夫をすれば、厳しく過酷な研修を乗り越えた一体感と自信が生まれます。常に参加者の様子を気にしながら、講師と参加者、参加者同士とコミュニケーションをとり、不安を軽減しながら研修を実施しましょう。

研修内容を工夫する

厳しさの中にも、一息つけるようなゲーム感覚で学べる内容を取り入れることもおすすめです。研修で学んだものを、仲間とゲーム感覚でアウトプットすれば、一体感も生まれストレスも軽減しながら、スキルを身につけることに役立つでしょう。

グループワークも参加者同士のコミュニケーションにつながり、過酷な研修を乗り越えるための仲間作りにも役立ちます。このように研修の中に、面白みのある内容を取り入れ、メリハリをつけることも検討してみてください。

▶ 新人研修を業界ごとにご紹介!その内容と目的

まとめ

ビジネスマナーは社会人の基礎です。基礎が身についていなければ、その後の業務をスムーズに進められないことや、取引先や顧客とトラブルの原因になることも考えられます。

個人の問題だけでなく、企業としても信頼を損ねイメージに悪影響を与えてしまうこともあるでしょう。そのためには、研修に厳しさも必要です。

厳しさのある研修は、社員の成長が促され、より集中して研修を受けることにつながります。一方で、厳しいだけの研修は、ブラック企業と呼ばれたりパワハラで訴えられたりといったリスクもあります。

リスクを防ぎながら、マナーが身につく研修を実施するために、指導中は講師の言葉遣いや態度に気をつけましょう。加えて、参加者とのコミュニケーションをとることで、信頼関係を築いてください。そのほかに、厳しさと優しさなど、メリハリを感じられる研修に工夫することも大切です。

ぜひ参考に厳しくも社員の成長を促すビジネスマナー研修を取り入れて、個人と企業の発展につなげてください。

トアスでは階層や職種に応じて
様々な社員研修メニューを用意しています。

お問い合わせ

トアスで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

トアスでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
トアス講師ネットワーク

トアス講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもトアスが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00