プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編

プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編の特徴

プロジェクトにおけるリスクから脱却!

本研修では、PMBOKをベースにしたリスク回避を行うための知識を学び、演習を通じながらリスク管理の実践的な方法を経験的に身につけます。リスク評価、リスク対応策の策定、リスク管理などの方法を身につけることで、グループディスカッションやケーススタディを通じて実践的な経験を積むことができます。将来的に受講者がプロジェクトリスクに対して効果的に管理ができるようになることを目指します。

プロジェクトのリスクを効果的に管理できるようにする

現代のビジネス環境は不確実性が高くリスクが付きものです。そのため、プロジェクトの成功にはリスク管理が欠かせません。本研修は、プロジェクトマネージャーやチームメンバー、リーダーなど、プロジェクトを進めるうえでリスク管理に関わる全ての方を対象としています。PMBOKに基づいたリスク管理のスキルを習得し、リスクを的確に評価、効果的な対応策を策定できるようにしていきます。
  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員・ 管理職・ 次世代リーダー
  • 対応業種・業態 技術・研究・ものづくり生産現場・システムエンジニア
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員15名
  • 日程2日間

こんな企業様にオススメ

  • プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーにリスク管理手法を学ばせたい
  • プロジェクトの成功率を高めたい

プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編を行うメリット

  1. プロジェクト内のリスクを把握し、回避することができる
  2. プロジェクトの品質を向上させることができる
  3. プロジェクトの信頼性を高めることができる
個人のリスク管理能力を向上させることで、リスクに対する意識が高まるだけでなく、問題解決や判断力の向上にも繋がります。また、リスクに対して適切な対策を講じることができるようになることで、組織としてプロジェクトの成功率の向上を目指すことができます。

プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編のゴール目標

  • リスク管理に関する基本的な知識を習得する
  • リスク管理におけるPMBOKを理解することができる
  • リスク管理に関するスキルを習得する

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、資料請求は以下フォームよりお気軽に送信下さい。

プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編の事例

学研グループ「トアス」の社員研修は、プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編も含め、業種ごとや目的に合わせてカリキュラムのカスタマイズも可能です。
以下では、そのカスタマイズ事例の一部を紹介しています。

ITプロジェクトにおける品質のばらつきを無くしたい

PMBOKを活用し、ITプロジェクトの品質リスク管理手法を習得する

カスタマイズ事例

  • 現場でのフレームワーク
  • 現場とのリンク

特徴

  • 過去の事例を演習にする
  • 現場とのリンク
本研修では、PMBOKをベースにしてリスク回避を学びました。ITプロジェクトにおける品質のばらつきを無くすためのリスク管理の手法を学び、演習を通じて実践的なスキルを身につけることができるようにしました。カリキュラムは現場で実際に使用しているフレームワークやベストプラクティスを取り入れ、品質のばらつきを引き起こす要因や手法について、実例を用いて解説しました。過去の実例をカリキュラムに取り入れることで、受講者自身がより身近に感じながら実践的にスキルを身につけることができました。

早い段階でトラブルの予防策を実施できるようになってほしい

経験則によるその場対応からマネジメントへ

カスタマイズ事例

  • リスク管理のポイント
  • フェーズに合わせた演習

特徴

  • プロジェクトフェーズに合わせたリスク管理のポイントの習得
  • 実践的なシミュレーション
これまで、リスクの顕在時にはプロジェクトマネージャーの経験則などをベースに対応策を検討していたため、対応策が不完全なことや、適切な対策が見落とされるケースがありました。そこで、研修を通してまずはリスクマネジメントの基礎を理解し、プロジェクト計画時と進行中の2つの局面でのリスク管理に焦点を当てながら、それぞれのフェーズにおけるリスク管理上のポイントについて、演習を交え実践的に習得しました。早い段階で事前にリスクについて考えることで、円滑なプロジェクトの進行を行えるようにしました。

プロジェクトマネジメント研修 リスク管理編とは

本研修ではIT企業向けにPMBOKをベースにして、リスク管理の理論と実践的な手法を学びます。受講対象者はプロジェクトを進めていく中で、リスク管理に関わる全ての方を対象にしています。プロジェクトマネジメントの基礎となるPMBOKを軸にしつつ、リスク管理の重要性や、その実践的な手法に焦点を当てます。また、実践的なスキルを身につけるために、演習やケーススタディを多く取り入れながら学びます。経験的に学ぶことで、プロジェクトの成功に向けて、受講者のリスク管理の実践力を向上させます。

プロジェクトマネジメント研修 リスク管理編の実際

プロジェクトを進める中で、リスク管理が欠如している状況では予期しない問題や障害が頻繁に発生する可能性も高まり、結果としてチームメンバーのモチベーションの低下やプロジェクトの進行にも悪影響を及ぼすことがあります。リスクを適切に管理することで、チームメンバーは問題の解決に集中することができ、プロジェクトの成功に向けても協力がしやすくなります。そこで、本研修ではPMBOKをベースとしてリスクマネジメントの手法を身につけます。プロジェクトリスクの発生予防や、滞りなく進めるためにも、リスクを的確に評価し、効果的に対応策を考えることができるようにしていきます。知識を蓄えるのみではなく、実務で活かせる学びとするためにも、リスクマネジメントのスキルをロールプレイングやケーススタディなどを通じながら実践的に身につけていきます。結果として適切にリスクマネジメントが行えるようになり、対策を講じることができるようになることで、リスクによる品質の低下を予防し、顧客の要求を満たす成果物を提供できるようにします。また、チームにもリスクを共有できるようになることで、メンバーのリスクへの意識を向上させ、生産性とモチベーションを高めることにもつながります。

研修を受講すれば全てが解決するのか

本研修の受講後、学んだことを実務でアウトプットしていくことが重要です。例えば、自身か関与しているプロジェクトに対してリスク管理の計画表を作り、プロジェクトチームと共有することや、リスクに対する取り組みをチーム全体で共有することで効果を最大化することができます。また、アウトプット後はフィードバックをもらうことも効果的です。他のチームメンバーや上司からフィードバックを収集し改善点や成功事例を振り返ることも積極的に行っていきましょう。

プロジェクトマネジメント研修 リスクマネジメント編のフロー例

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい
  • 自己紹介

本研修のねらいの確認と、グループワークになるので全員の自己紹介を行います。前提となるねらいを全員が把握した上で開始することは重要です。

01

プロジェクトにおける“リスク”とは何か

  • プロジェクトの不確実性と“リスク”
  • プロジェクトリスクを特定する

プロジェクト内で発生し得るリスクの不確実性について理解を深め、不確実な中でも表面化する可能性を含むリスクを特定するための考え方を理解します。

01

プロジェクトリスクマネジメントの手順

  • リスクマネジメントの全体像

プロジェクト内のリスク管理の手順を、全体像を捉えながら理解していきます。

01

演習①

  • プロジェクト計画段階でのリスクマネジメント

計画段階を想定しながらリスクの分析や特定、チェックシートの作成など一連の流れについて、演習を通じて身につけます。

01

リスクのモニタリングとトリガーポイント

  • リスク対応策の発動場面
  • リスクの予防策と発生時の対策

リスクに対する対策を早期にせず、問題が表面化する前に適切に予防策を打つためのポイントをおさえます。

01

リスクモニタリングの手法

  • リスクとマイルストーン管理
  • リスク管理とアーンドバリュー分析

リスクモニタリングとは、プロジェクトの進行中にリスクの状況を定期的に監視し、必要な対策を実施することを指します。ここでは、リスクモニタリングを適切に行うために役に立つ管理法や分析法を学びます。

01

演習②

  • プロジェクト進行中のリスクマネジメント

プロジェクトを進める中でのリスクマネジメントについて、演習を行います。

01

リスク対応のスキル向上

  • リスクマネジメントと意思決定
  • リスクマネジメントと説明責任

リスク対応の際に求められるスキルについて、理解を深めます。

01

研修のまとめ

  • 総まとめ
  • 振り返り

本研修のまとめと振り返りを行います。

受講者の声

  • 演習を通じて学ぶことで、リスクマネジメントの難しさを体験できたことで日常の業務にも役立つと感じました。また、リスクマネジメントを行うには複数の視点で考えると良いことに気づくことができて良かったです。
  • 自身の業務内で対応に悩むことが多い分野でしたので、研修で得られたノウハウは非常に役に立つと思います。
  • リスクマネジメントの一連の流れを演習形式で経験できたので、良く理解することができました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

トアスで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

トアスでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
トアス講師ネットワーク

トアス講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもトアスが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00